ヤマハ(YAMAHA) XT350に適合

オンロードスリップオン
(3184バイクパーツ通販)
GoPro対応マウントシステムが登場
お買い物、一万以上で送料無料
 

ヤマハ(YAMAHA) XT350 350cc系用

オンロードスリップオン

オンロード(一般道)での視線を一向に集めるデザインとスリップオンならではの手軽さを両立

yamaha
B+COM Bluetooth デュアルオーディオ・トランスミッター
オンロードスリップオン

オンロードスリップオン

ヤマハ(YAMAHA) XT350用

気軽に交換できるのがスリップオンマフラーの長所です。
オンロード向けのバイクにピッタリのラインナップを揃えました。
ノーマルの音に不満を感じるのなら、さっさと替えてしまいましょう。
リーズナブルにドレスアップを楽しむにも最適。
サインハウス専売のイタリアンマフラー、レオビンチをお勧め致します。

back to top
 
 

オンロードスリップオンに該当する商品




このカテゴリーオンロードスリップオン内には、該当商品が見つかりません。


なお汎用商品の場合は、特に車種を限定する必要はありません。
本ページは、ヤマハ(YAMAHA) XT350 (350cc)用に限定した商品を表示させています。


車種を限定しない総合オンロードスリップオンページはこちら。

全てのカテゴリーから、ヤマハ(YAMAHA) XT350 (350cc)用にぴったりのパーツを、一撃でリストアップする!





back to top
 
 

3184厳選のこんなバイク用品はいかがですか?



サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) C-22 M8シリーズ バイクマウント用パイプクランプベース (22mm) シルバー
サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) C-22 M8シリーズ バイクマウント用パイプクランプベース (22mm) シルバー

22mm径のハンドルバー対応ベース(Cパーツ)です。 ハンドルバーに左右20mmの空きスペースがあれば装着できます。 22mmは、CBやFZ-1等多くの車種に採用されているハンドル径です。 ※M8シリーズはM8シリーズのみと互換性があります。M5シリーズと混合での使用はできません。 ※この商品(Cパーツ)単独では機器の取付けはできません。機器を取り付けるにはAパーツ、Bパーツが必要です。
定価: ¥4,200
当店: ¥4,200
品番: 00073410
花咲かG ラストリムーバー 300ml
花咲かG ラストリムーバー 300ml

ラストリムーバー 300ml お馴染みの花咲かGでバイクの錆を一掃しよう。
錆だけに反応するので車体への攻撃性が低く、安全に使えるのが特徴です。
前処理の脱脂や後処理の中和の手間が不要。
塗装やメッキにも影響はありません。
使用後も金属表面に3ミクロンの防錆皮膜を形成して錆の再発を防ぎます。
処理時間も短く、軽い錆なら3〜4分でOK。
定価: ¥3,000
当店: ¥2,700
品番: 00011771
サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) 5V モバイルチャージャー for EIAJ-2 バイク電源取り付け用充電ケーブル
サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) 5V モバイルチャージャー for EIAJ-2 バイク電源取り付け用充電ケーブル

車体側12V電源から<EIAJ-2>端子を持つ5Vモバイル機器(バイクナビ)の充電・給電が可能になります。 車体バッテリーから配線しておけば(ACCも可)、必要な時にモバイル機器に接続するだけで充電・給電ができます。 シガーソケットの設置もいらず本体も超小型なので、取付スペースも選びません。安心の防水仕様です。 幅広いバイクでモバイル機器のバッテリー不安を解消します。 EIAJ-2対応 DC12V→DC5V1A
定価: ¥3,000
当店: ¥3,000
品番: 00074294
サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) A-39 M8シリーズ ZUMO/MCN/XR430MC バイクマウント用ホルダー
サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) A-39 M8シリーズ ZUMO/MCN/XR430MC バイクマウント用ホルダー

ZUMO/HONDA/X-RIDE/YUPITERU用 ホルダー(Aパーツ)です。 専用設計のホルダーパーツでしっかりとナビをマウントする事で、確実にルートを確認しながら安全走行ができます。 ※M8シリーズはM8シリーズのみと互換性があります。M5シリーズと混合での使用はできません。 ※この商品(Aパーツ)単独では車両へ取付けはできません。車両への取付けにはBパーツ、Cパーツが必要です。
定価: ¥3,200
当店: ¥3,200
品番: 00075091
花咲かG タンククリーナー 1000ml
花咲かG タンククリーナー 1000ml

繰り返し使用できるので経済的。
サビだけに反応するので、金属地を侵すことはありません。
処理後の金属表面には防錆皮膜を形成します。
塗装、ゴム、パッキン類に対する影響もありません。
定価: ¥5,000
当店: ¥4,500
品番: 00011772
サインハウス B+COM(ビーコム) Music レッド バイク用Bluetooth(ブルートゥース)レシーバー
サインハウス B+COM(ビーコム) Music レッド バイク用Bluetooth(ブルートゥース)レシーバー

バイクで音楽を楽しもう! サインハウス B+COM(ビーコム)受信専用モデル その名も『Music』 「バイクで会話はしないけどBGMは欲しい!」という方にオススメ。 お気に入りの音楽を聴きながら、バイクで駆け抜ける喜びを貴方に! ツーリング以外にも、毎日の通勤・通学を楽しむために… シーズンを問わず大活躍するB+COM MUSICでビーコム生活を始めませんか? B+COM Musicは好みに合わせて5色からチョイス。 ★鮮やかなレッドがヘルメットにワンポイントを加えます。
定価: ¥15,800
当店: ¥15,800
品番: 00073364
ミリテック1(Militec) 金属表面添加剤 236ml
ミリテック1(Militec) 金属表面添加剤 236ml

その高い効果が認められ、アメリカ海軍やデイトナ500、インディ500などのレースにも採用されています。
定価: ¥3,800
当店: ¥3,420
品番: 00013106
サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) A-40 M8シリーズ Panasonic Gorilla CN-SPシリーズ CA-PTQ22D対応バイクマウント用ホルダー
サインハウス MOUNTSYSTEM(マウントシステム) A-40 M8シリーズ Panasonic Gorilla CN-SPシリーズ CA-PTQ22D対応バイクマウント用ホルダー

Panasonic Gorilla用ホルダー(Aパーツ)です。 専用設計のホルダーパーツでしっかりとナビをマウントする事で、確実にルートを確認しながら安全走行ができます。 対応機種例 CA-PTQ22D CN-GP720VD/715VD/710VD/510VD ※M8シリーズはM8シリーズのみと互換性があります。M5シリーズと混合での使用はできません。 ※この商品(Aパーツ)単独では車両へ取付けはできません。車両への取付けにはBパーツ、Cパーツが必要です。
定価: ¥2,600
当店: ¥2,600
品番: 00075092

back to top
 

キーワード検索

 

バイクから検索

ブランドから検索

会員様ログオン

安心のセキュリティ

 

ヤマハ(YAMAHA) XT350 について:


YAMAHA XT350 ヤマハ XT350 XT350は、海外輸出向けオフロード・エンデューロモデルです。 XT350(1985年型) エンジン: 空冷 4ストローク 単気筒 SOHC 2バルブ 排気量:346cc 圧縮比:9.5:1 内径×行程:86.0 x 59.6mm 燃料供給:キャブレター 点火方式:CDI 始動形式:キック 最高出力:31.5hp/7500rpm 最大トルク:21.7ft-lb/7000rpm クラッチ:湿式多板 変速機:常噛リターン式6段 変速比 1速: 2速: 3速: 4速: 5速: 6速: 1次減速比: 2次減速比: フレーム:セミダブルクレードル サスペンション 前:テレスコピック 後:スイングアーム・モノショック タイヤサイズ 前:3.00- 21 後:4.00-18 ブレーキ 前:油圧式シングルディスク 後:ドラム 全長: 全幅: 全高: シート高: 軸間距離: 車両重量:119kg ※年式・仕向地によりデータが異なります。

ヤマハ(YAMAHA)のバイク について:


YAMAHA(ヤマハ発動機株式会社)は、静岡県磐田市に本社を置く、バイクメーカーです。 ルーツである日本楽器製造(現楽器メーカーのヤマハ)は軍用飛行機プロペラ製造設備の平和利用を目的として社内でオートバイ生産を開始しました。 1955年日本楽器製造から分離する形で、バイクメーカーとしてスタートしました。 バイク以外に、ボート、船外機、マリンジェット、スノーモビル、電動自転車、産業ロボット、除雪機、発電機など様々な製品を展開しています。 自動車メーカーに対してエンジン供給も行っています。 名車と呼ばれる車両は、 1980年峠ブームを作ったRZ250、1978年発売から35年続くシングルロードスポーツSR、1985年Vブーストでゼロヨン世界最速を記録したV-Max、1989年スーパーバイク世界選手権ホモロゲーションモデルFZR750R(OW01)、1995年ビッグスクーターブームを牽引したMajesty250、2001年オンロードスポーツスクーターT-MAX、1998年現在のリッタースーパースポーツの素YZF-R1等が挙げられます。 レース活動は、ロードレース世界選手権、ロードレース全日本選手権、モトクロス世界選手権、AMAモトクロス選手権、モトクロス全日本選手権、トライアル全日本選手権に参戦しています。